96梲家(うだつや)

「玄関1」(50~60年前)
遊びにきた親戚の子供たちとともに、玄関で撮った写真だそうです。
提供:旧オーナー 「玄関2」(50~60年前)
遊びにきた親戚の子供たちとともに、玄関で撮った写真だそうです。
提供:旧オーナー 「玄関3」(50~60年前)
遊びにきた親戚の子供たちとともに、玄関で撮った写真だそうです。
提供:旧オーナー 「庭1」(40~50年前)
旧オーナーの少年時代の写真です。現在と同じ位置に同じ樹木があります。 「庭2」(40~50年前)
旧オーナーの少年時代の写真です。現在と同じ位置に同じ樹木があります。 「坪庭」(約50年前)
旧オーナーの少年時代の写真です。現在と同じ位置に同じ樹木があります。 「縁側」(約50年前)
旧オーナーの少年時代の写真です。 「8畳座敷」(約50年前)
旧オーナーの少年時代の写真です。

建物解説

岸里玉出駅至近の住宅街にひっそりと佇む隠れ家的な宿泊施設は、1913(大正2)年に建てられた規模の大きな町家建築。座敷などの造作はそのままに、屋根裏のようなつし2階は宿泊室へとうまく活用されている。

基本情報

所在地西成区玉出東1-5-17
建設年1913年/2018年(宿泊施設としてリノベーション)
設計不明

楽しみ方

  • cafe
  • hotels
  • light