102サンスター コミュニケーションセンター

「シンボル」
サンスターの心のふるさと、とも言える高槻エリアは、サンスターの経営理念を継承し社会の公器として地域の皆さまと共に新しい価値を生み出すグローバル開発拠点として2021年に生まれ変わります。 「コミュニケーションパーク」
第一期計画である新オフィス「サンスターコミュニケーションセンター」は、健康寿命の延伸という目標に取り組むとともに、地域の皆さまとの交流を深め、新たな製品やサービスの共創を目指します。 「正面外観パース」
阪急京都線に面したファサードは電車の進行にあわせて縦ルーバーが少しずつ変化して見えるように工夫しました。内部の活気や親しみがあらわれ、サンスターの活動そのものが街のシンボルとなるような建物です。 「断面パース」
3層吹き抜けのコミュニケーション・アトリウムを中心とした、ワンルームのようなオープンな空間です。オフィスのようでないオフィスを目指します。 「エントランス」
1階のエントランス空間では、アトリウムの中央にステージを設けました。さまざまな交流が生まれます 「アトリウム」
3階のオープンオフィスからアトリウムを見下ろしています。各フロアの活動が一目でわかるオープンなオフィスです。1階には社員だけでなく地域の皆さまにも楽しんでいただける健康食レストランをつくりました 「オープンオフィス」
新しい働き方の時代にふさわしい、社員ひとりひとりが常に最適な環境を選んで仕事に取り組める自由なオフィスです。

独自コンテンツ

新しい時代をきづく「サンスターコミュニケーションセンター」

2020年末に竣工予定の新しいオフィスのデザインをご紹介します。合わせて、工事途中の写真(2020年10月上旬撮影)もご覧いただくことができます。

建物解説

高槻に本社を置く世界企業のグローバル開発拠点です。建物と道路の間に大きな芝生広場などを設けて、地域と社員の健康に貢献。縦ルーバーの幅が少しづつ変化する外観は、ものづくりの繊細さや親しみやすさを表現しています。

基本情報

所在地高槻市明田町7-1
建設年2020年
設計KMDW + ARUP + KAJIMA DESIGN

楽しみ方

  • special