31日建設計大阪オフィス(銀泉横堀ビル)

日建設計が入居する「銀泉横堀ビル」 
明治33年に中之島で誕生した住友本店臨時建築部を祖とする日建設計は
2020年の今年で創業120周年を迎えます。 前面道路の「魚の棚筋」は、建ち並ぶ建物のオーナーが、それぞれ、壁面線後退でできた歩道部分に楠を植えることで、連続する並木と快適な歩道空間を実現させました。 2017年のイケフェスにおいて、弊社では、関西における緑のまちづくりへの取り組みの数々を展示いたしました。 会場全体も実際の緑で緑化し、緑の魅力を体験いただける空間を目指しました。
( 2017年開催時の様子) 設計した建物の完成予想図としてパース(Perspective rendering)を作成します。現代では、コンピューターで描くものが主流ですが、昔からの手描きのものも暖かみがあり、今も人気があります。2018年、弊社では、この手描きパースの新旧作品を集めて一挙公開いたしました。 手描きパースの数々を、まじかに、御覧いただきました。 ( 2018年開催時の様子) 2019年には、弊社が世に送り出してきた、多くのコンピュータグラフィックスの静止画や動画をご覧いただきました。 コンピュータグラフィクスによる多様な表現や多岐にわたるコンテンツの制作過程などもご紹介いたしました。( 2019年開催時の様子) 「中之島・淀屋橋界隈の建物今昔物語」
中之島や淀屋橋界隈で親しまれている建築の数々の昔と今を動画にてご紹介いたします。
ページのリンクより御覧ください。

独自コンテンツ

中之島界隈の建物今昔物語2020

建物解説

旧住友ビルを設計した住友本店臨時建築部を源流にもつ日本最大級の建築設計事務所、日建設計のオフィスは、そこからほど近い淀屋橋の西エリアに位置する。この界隈は、沿道企業の協力による整った並木の街路景観も注目。

基本情報

所在地中央区高麗橋4-6-2
建設年1986年
設計日建設計

LINK

楽しみ方

  • special