77田辺三菱製薬株式会社本社ビル

地域社会との共生と貢献 のため、歴史と未来を感じさせる外観と、史料館や薬草タイルを施した植栽枡の設置で「くすりのまち」を演出しております。(撮影:2015年)
基壇部は当社の前身の一つである旧田邊五兵衛商店の虫籠窓をモチーフとしたルーバーを意匠にしています。(撮影:2015年)
夜間照明を設置して、公開空地の設置、まちなみに沿った修景など、地域に開かれた空間を設けております。(撮影:2015年)
薬にまつわるデザインを施し、ベンチ設置と共に薬草タイルを埋め込み、解説しております。(撮影:2015年)
大阪道修町・北船場の地域コミュニティとの共生・貢献の一環として、2Fに史料館を設置しております。「田辺三菱製薬史料館」HPから、来場予約下さい。https://www.mtpc-shiryokan.jp/(撮影:2017年)
採光性と眺望に富んだ14階では、カフェを運営しており、 仕事をする社員も多いです。階下の食堂から螺旋階段で移動が出来ます。(撮影:2015年)
をクリックすると、拡大画像と画像の説明が見えます

スペシャルコンテンツ

田辺三菱製薬史料館バーチャルツアー

田辺三菱製薬史料館で展示している収蔵品の一部を収録した音声ガイド付きの動画コンテンツです。1678年の創業から医薬品の創製を通じて、世界の人々の健康に貢献してきた田辺三菱製薬の社業の歩みをくすりの町として知られる大阪・道修町の歴史とともにご紹介する内容となっています。

おうちで楽しむインターネット落語会「道修町たなみん寄席」

「くすりの町」として知られる大阪・道修町の田辺三菱製薬株式会社が主催する落語会。オリジナル・キャラクターの「たなみん」をアイコンに、落語と講演を通して、大阪の歴史と文化に親しんでいただきます。

建物解説

「くすりのまち」道修町と三休橋筋の交差点に建つ新しい高層ビルは、低層部をガラス張りにして公開空地と一体的な空間を生みだし、地域コミュニティの拠点となっている。2階に設けられた田辺三菱製薬史料館も充実。

基本情報

所在地中央区道修町3-2-10
建設年2015年
設計大林組