101中央工学校OSAKA一号館

卒業生にドローンを使った撮影をしてもらいました!(2015年) [教室](2019年)
西側の窓からは、緑地公園の緑が
目にやさしく映ります ガラスブロックの屋根がある教室です(撮影:2019年) バルコニーからもガラスブロックの屋根が見れます(撮影:2019年) 最上階の6階の教室は、天井がドーム状になっています(撮影:2019年) 竣工時はまだ珍しかったチタンを使った屋根です(撮影:2019年) ロビーから見上げたら、吹き抜けから天窓が見えます(撮影:2019年) 元々は青焼きの図面をスキャンした当時の設計図。(立面図) 元々は青焼きの図面をスキャンした当時の設計図。(立面図) 竣工時の写真です!(撮影:1988年) 竣工時の写真です!(撮影:1988年)

独自コンテンツ

ドローンで初空撮

本校の卒業生に依頼して撮影してもらった初めてドローン撮影動画です。
なかなか間近で見ることのできない6階の丸い窓や、チタンを使った屋根が見られます。
ドローンで上がりきった後には、奥にある二号館(沖種郎氏設計)の姿も見ることができます。

建物解説

数少ない大阪の丹下健三設計の校舎は、巨匠75歳頃の作品。千里丘陵の豊かな緑を背景に、連続するヴォールト屋根が映える。狭い敷地の校舎にたくみに吹抜空間を挿入することで、学びの場としての一体感が生まれている。

基本情報

所在地豊中市寺内1-1-43
建設年1988年
設計丹下健三

LINK

楽しみ方

  • special