9Sumitomo Mitsui Banking Corporation Osaka Head Office Building

「第1期竣工時の外観」(1926年頃)
この建物は、旧住友本社と連系各社の本拠として建築された。 「第2期竣工時の外観」(1930年頃)
第1期工事開始から、通算約9年の期間をかけて建築。第2期工事により、建物南側が増床された。 2015年に耐震補強工事を含む、大規模改修を実施。竣工当時の外観を今に留めている。(撮影:2015年) 現在、平日の日没から21時までの間、ライトアップを実施中。(撮影:2015年) ステンドグラスは第1期工事で、採光用の窓として作られたもので、 約3600枚のガラスで構成。 現在、光源にはLED照明を使用。(※通常時の一般公開は行っておりません)
(撮影:2015年/場所:共用応接ロビー)

建物解説

旧住友本社と連系各社の本拠の「住友ビルディング」として建てられた。装飾を抑制した黄褐色の外壁は、黄竜山石と大理石を砕いて混ぜた擬石。コリント様式の列柱に支えられた大空間は、現在も銀行の大阪本店営業部として使用されている。

基本情報

Address中央区北浜4-6-5
Year Built[1期]1926年 / [2期]1930年
Design住友合資会社工作部

Things to Do

  • light
  • select