119Semba Building Center building

写真:西岡潔 写真:西岡潔 9号館 北西面 9号館 北西面(夜景) 船場センタービル5_3号館屋上から2号館屋上及び高架道路 船場センタービル6_10号館熱源用煙突 開館50周年を記念して、3号館と4号館を結ぶ地下通路に巨大な壁画を作成

建物解説

大きすぎてかえって意識しない建築もある。船場センタービルがそれだ。全長は約930m で、上部には一般道と阪神高速道路の計12 車線が走る。道路の傾斜に合わせて階高は1階から4階まで変化し、計10 棟が内部でつながる。特に御堂筋や堺筋と交差するあたりの外観は、土木と建築が融合して圧倒的だ。豊臣秀吉の築城以来、商業の中心地として栄えた船場地区に高速道路を通すにあたって、ビルを建築し、その上に道路を構築し、ビルと道路が一体構造というアイデアで商業者の移転先を確保。ビル床の売却代金で事業費を削減し、1970 年の日本万国博覧会に間に合わせた。かつての構想力や実行力の大きさ、大阪の先進性の証である。

基本情報

Address中央区船場中央1~4
Year Built1970年
Design日建設計・大建設計

LINK

Things to Do

  • cafe
  • select