47Kitahama Retro Building

長年、正式な建物名、設計者がわからなかった北浜レトロ。大林組さんに残っていた古い資料内に当時の写真と設計資料が見つかりました。写真内の電信柱は木製で、そこには明治44年の文字がはっきりと写っています。(撮影:明治45年)
提供:大林組 北浜レトロの歴史を発見!大林組さんで見つかった建築設計図面によると、正式な建物名は北浜「株友会倶楽部」で、おそらくは建築当初は北浜界隈の証券業関係者の集会所(サロン)的機能をもった建物であったような。(撮影:明治45年)
提供:大林組 竣工当時の写真と比較しても、殆どそのままの外観となっており、当時の建物の精巧さ重厚さが感じられます。まさにイギリス建築の洋館といった佇まいで、東洋のウォール街「株の街 北浜」のモニュメント的存在です。(撮影:令和2年) イギリス建築には、ユニオンジャックとクラシックスタイルのアフタヌーンティーがまさにお似合いかと。オープン当時は金融危機の不況真っ只中で、最近の北浜の賑わいなどまったく想像できませんでした。(撮影:令和2年) 北側の席からは、土佐堀川ごしに中之島のバラ園が見下ろせます。春と秋の満開時には、色とりどりのパレットの様です。貴重な建物に敬意を払うべく、英国のアンティーク家具と雑貨で当時の理想的空間を再現しました。(撮影:令和2年) 北浜レトロ名物(フォトスポット)の一つ、100年前そのままのハイタンク式のクラシックなトイレです。ロンドンからリュックに入れ担いで持って帰った思い出の品です。チェーンを引っ張ると勢いよく水が流れます。(撮影:令和2年) 25年前、様々な色にライトアップされたロンドンの建物を見て、その美しさに目を奪われました。北浜レトロのリノベーションの際、幸いにも正面玄関横の空堀部分にライトアップ設備を設置することができました。(撮影:令和2年)

建物解説

近代的なビルの谷間で、今や小さいことで目立っているのは、1912年に「北浜株友会倶楽部」として建てられた煉瓦造2階建のクラシックな洋館。1997年英国スタイルの紅茶と菓子の店舗にリノベーションされ、北浜に新たな人の流れを生み出した。

基本情報

Address中央区北浜1-1-26
Year Built1912年
Design大林組

LINK

Things to Do

  • cafe
  • shopping
  • select