loading

Singapore HDB Stacking Eraser(Souvenirs from Singapore)

シンガポールHDB消しゴム(Souvenirs from Singapore)

カテゴリー : 文具
価格 :
購入年 : 2015

国民の持ち家政策のためにシンガポール政府のHDBが60年代から建設と供給を始めた公営住宅。国民の8割近くがHDBフラットに住むと言われる。同様に国民の8割がこの「HDB消しゴム」を持っているかどうかはこれから調査が必要。これの優れているところは消し味ではなく、スタッキング可能で、ユニットを積み上げることで低層から高層まで作れてしまうこと。色もオレンジ、ブルー、ホワイトの三色展開。綺麗な色味で、組み合わせても煩くならない。これも「ベイ三兄弟」の建築土産と同じくSupermamaによるプロデュース&デザインのSouvenirs from Singaporeシリーズ。シンガポール、本気です。
http://www.supermama.sg
Category : Stationary
Price :
Purchase Year : 2015
名称 : HDBフラット
設計者 : シンガポール政府HDB
建設年 : 1960〜
所在地 : シンガポール
(写真はチョンバルのHDBフラット)
Name : Singapore HDB Flat
Architect : HDB
Construction Year : 1960〜
Location : Singapore
  • Tweet about this on Twitter
  • Share on Facebook

OWNER

堀口徹 / Tohru HORIGUCHI
建築家 建築批評家 / Architect, Architectural Critic
アメリカ合衆国生まれ、仙台育ち。東北大学大学院都市建築学専攻、オハイオ州立大学大学院修了。東北大学助教、UCLA客員研究員、立命館大学准教授などを経て、現在、近畿大学建築学部講師。世界各地の建築大学とネットワークを持ち、レクチャやワークショップ「World Architecture Workshop」「Google Fiction Traveler」をするとともに、建築デザイン教育の国際比較研究を行っている。建築映画探偵。