loading

Sydney Opera House in a Bottle

シドニー・オペラハウスの小瓶

カテゴリー : 玩具
価格 : $19
購入年 : 2015

さすが、世界のアイコン建築。シドニー・オペラハウスの建築土産は、充実していました。
これはボトルの中のオペラハウスを、小さな貝殻に見立てたもの。ハンドメイドの陶器製なので、焼きむらも一つ一つ違う。どれを選ぼうかという迷いをかきたてるところも、貝殻や砂を小さなボトルに詰めたリゾート土産と一緒です。並んでいた土産の中で最小サイズですが、アイデアで輝いていました。
「ありきたりさ」も土産の魅力の一つかもしれません。観光地ならどこにでもある饅頭やペナントとか。
そんな定番を逆手にとった、この建築土産。世界文化遺産のシドニー・オペラハウスが、オーストラリアらしい大自然の世界遺産にも思えてきます。
Category : Toy
Price : $19
Purchase Year : 2015
名称 : シドニー・オペラハウス
設計者 : ヨーン・ウツソン
建設年 : 1973(1957〜)
所在地 : オーストラリア・シドニー
Name : Sydney Opera House
Architect : Jorn Utzon
Construction Year : 1973 (1957-)
Location : Sydney, Australia
  • Tweet about this on Twitter
  • Share on Facebook

OWNER

倉方俊輔 / Shunsuke KURAKATA
建築史家 / Architectural Historian
大阪市立大学大学院工学研究科准教授。伊東忠太に関する包括的な研究で博士号を得た後、吉阪隆正について初の単著を刊行。いま目の前に存在している建築的現象の意義を社会に接続すべく、近現代の日本建築を広く研究している。著書に『大阪建築 みる・あるく・かたる』(柴崎友香と共著)、『東京建築みる・あるく・かたる』(甲斐みのりと共著)、『ドコノモン』、『吉阪隆正とル・コルビュジエ』ほか。