生きた建築について

selection50s

歴史的な近代建築から現代建築まで、大阪の歴史や文化、市民の暮らしぶりといった都市の営みの証であり、様々な形で変化・発展しながら、今も生き生きとその魅力を物語る建築物のことを、私たちは「生きた建築」と呼んでいます。本実行委員会では、従来の文化財としての建築の価値とは異なる、建築の新しい価値を発信していきます。

実行委員会について

生きた建築ミュージアム大阪実行委員会

大阪市では平成25年度から、まちを1つの大きなミュージアムと捉え、そこに存在する「生きた建築」を通して大阪の新しい魅力を創造・発信する取組みとして、「生きた建築ミュージアム事業」が実施されてきました。特にその一環として、建物所有者をはじめとする民間企業、大学等との協力・連携のもと、平成26年度・27年度に開催した「生きた建築ミュージアム フェスティバル大阪(イケフェス大阪)」は、大阪発・日本最大級の建築イベントとして定着し、広く内外の方々に、「生きた建築」を通した、大阪の新しい魅力に触れていただく貴重な機会となっています。
こうした流れをさらに発展させていくことを目的に、民間企業、専門家、大阪市等から成る「生きた建築ミュージアム大阪実行委員会」を平成28年7月20日に発足しました。
今後はこの実行委員会が中心となって、「イケフェス大阪」の開催の他、大阪の建築を巡る様々な活動を展開していきます。